高原からのお便り

おとい合わせメールはこちらbori@ued.janis.or.jp
『ペンションきのこ』はこんな宿です
カアチャンの工作室
イチの部屋はこちら
峰の原観光協会
ハギマシコ・野鳥観察
2018年10月21日
久しぶりに朝から秋晴れです。
山がよく見えます。
立山や浅間山も初冠雪です。

明日の朝は冷えそうです。
初氷かも?。






2018年10月19日
有名な特殊毒性を持つ、ドクササコが出てきました。
まだハシリですが、本格発生はこれからでしょう。
出始めると大量に発生するので、うかつに採らないようにしてください。






2018年10月17日
高原の朝夕は氷が張るくらい寒くなってきました。

今朝の散歩道では、松の木の周りにクリタケが出ているのを発見。
この松は、まだ生きているのですが、これだけクリタケにやられていると、来年の台風では 持ちこたえられないかも。






2018年10月16日
今日はチョットいつもと違う散歩コースを歩いてみる。
なんとなんと、大きくなりすぎているがホンシメジの株が列になって並んでいる。
あらら!入れ物を持ってきていない!どうしょう。
あるのはイチのウンチ袋のみ。
とりあえず一株、そっと起こしてみる。
ダメだ。虫食いばかり。3日前だったらなあ〜・・・と悔しいこと。



NHKシブ5時の取材がやっと終わってほっと一息。
あ〜、疲れた。今年の取材はもうお断り。



2018年10月14日
木の葉が落ちてキノコがすっかり見当たらないのに、こんなにいっぱい収穫の人もいます。
場所を教えてほしいな〜。
山は晩秋のキノコになってきました。






2018年10月12日
今日、始めての方から質問のメールが届きました。
ムキタケとツキヨタケの判別がつかない、とのことです。

下の左はムキタケ・右はツキヨタケ。
その下の写真はムキタケとツキヨタケが同じ木に出ていました。




ツキヨタケの柄と傘の間には黒いシミがあります。
僕は見たことがありませんが、きわめて稀にシミがないのもあるらしいです。
決定的なのは柄とヒダの間にはっきりと隆起したリング状のツバがあることです。






2018年10月11日
午後から雨が降るようなので、朝から女房と二人でキノコ採取に出かけました。
驚いたことに、消しゴムで消したようにキノコがありません。
その上、落ち葉が一気に積もりキノコが見えません。
例年こんな時期があるのですが、今年は発生が遅かったうえ、消えるのも早すぎます。
今週のお客さんに食べていただくキノコを集めるため、明日は標高の低い里山に行く予定です。

カキシメジが大きな輪になって生えていましたが、カラカラに干からびていました。





2018年10月10日
今年はキノコによる食中毒や遭難事故が多く、テレビ局からいろんな問い合わせが来ます。
今回、SBCテレビからの依頼で提供したウラベニホテイシメジ(食用)とクサウラベニタケ(有毒)の画像です。
よく似ていて国内では一番食中毒事故の多いキノコです。
よほどのベテランでも間違うこともあり、『名人泣かせ』の異名があります。
ホンシメジとも似ているし、色合いや形が、なんとも食べられそうな雰囲気があるから困ります。

食用になるのは下の左側・ウラベニホテイシメジです。
右側も下の写真も有毒のクサウラベニタケです。







2018年10月8日
今日のキノコ祭りは天気も良く暖かくて、とてもいい日でした。
お客さんの採ったキノコも乾いていて、いい状態です。
みなさん、いいお土産ができたことでしょう。
それに、今年はマツタケの景品もたくさんあったようです。

夕方の散歩道で見つけたネズミシメジです。





2018年10月5日
発生が遅れていたクリフウセンタケですが、やっと出てきました。
シモフリシメジやホンシメジ、ムキタケ、クリタケなど、何もかも出てきてにぎやかです。
今週は連休、それに8日はキノコ祭りですが台風が心配です。



今日、山中で見知らぬ男の人に声をかけられました。
僕の籠にはオニナラタケが2本のみ。
これを見たその人は、「これはカキシメジと言って猛毒だ。食べたら死ぬぞ!」。
その人の籠にはクリフウセンタケやシモフリシメジ、そして有毒のネズミシメジもちらほら。
親切なその人は、「それじゃな。食うんじゃないぞ!」と笹薮に消えてゆきました。
・・・・どうか、ネズミシメジは食べないで・・・・祈るのみです。












宿泊の御案内 交通の御案内 ペンションきのこ
キノコ観察会 自然観察 登山・ハイキング
山菜狩り・山菜料理 きのこ狩り・キノコ料理 バードウオッチング
スキー 高原からのお便り 竹細工・糸紡ぎ

ペンションきのこ
〒386-2211 長野県須坂市峰の原3153-572
bori@ued.janis.or.jp TEL 0268-74-2350